【モノレート講座 第一回】 ランキンググラフの説明

数回に分けてせどり初心者のみなさまへモノレート(旧アマショウ)の
読み方を解説していきたいと思います。

もうお分かりかとは思いますが、念のために説明させて頂くと、

アマゾンのサイトで何が、どの期間で、どれだけ売れたかを調べるために

検索をしていきます。

まずは、モノレートのサイトにログインください。

site



上の検索の所で調べたい商品の名前、型番、バーコードのどれかを入力して
Goボタンを押します。

すると商品の売れ行きの情報が表示されます。

kekka

今日は第一回目なので簡単にランキングのグラフの説明を行います。

このグラフは一番下にあるグラフでこのように表示されています。

gizagiza

私たちはこのグラフが何回折れているかを確認します。

個人的にはこの俺をスパイクと呼んでいます。

gizagiza2

折れている部分を赤い四角で囲みました。18回ほど折れがあります。

アマゾンでお客さんが購入をすると、この現象が起きます。

つまり、

お客さんが購入した瞬間が折れで表示されているんです。

デフォルトでは3ヶ月のグラフなので、これはつまり、

この間に18回商品が売れたことになります。

ジャンルや出品者数で一概には言えませんが、

(今日は難しいと思うので後々説明します)

家電せどりで、出品者が20人以下の場合、

6回以上このスパイクがあるかを参考にします。

これくらいの回数の売れ行きだと、

3ヶ月以内には買い手がつくと予想できます。

1ヶ月以内に売りたい商品の場合は、

回数が10回とか20回とかいった商品を狙います。

ランキングのグラフをいくつか載せておきます。

0回 全く売れていません。こういった商品には絶対手を出してはいけません。

0kai
1回 これもダメです。
1kai

2回 これも仕入れ対象にはなりません。
2kai

5回 出品者が数人だった場合は、利益率を見て仕入れるか判断が迷うところです。
5kai
理想的なグラフを載せておきます。折れがよく目をこらさないと見えないくらい、
大量に出ています。こういった商品の場合、FBAに納品して即売れすることも
あります。

今日覚えておく事のおさらいです。

モノレートは商品の売れ行きを確認するために使う。

ランキンググラフは折れを確認する。

折れは3ヶ月グラフで最低6回以上ある物しか仕入れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL