保証書にハンコを押すんじゃねえ

せどり用に購入したアイテムを、

会計している時に、

店員さんが開けて保証書に

ハンコを押される事ってありますよね?

せどり初心者のころは、

そのままハンコを押させて、

「チクショー」と思いながら、

ほぼ新品で出していたのですが、

最近はそれを全部ブロックしています。

完璧に。

どうやって??

店員さんが箱を開けようとしたら、

押させないようにお願いするのです。

私が使っている言いまわし集です。

「プレゼント用なのでいいです」

「ビンゴ大会の景品なのでいいです」

「海外の友達にあげるやつなのでいいです」

「役所に納めるやつなので大丈夫です(意味不明w)」

「UFOキャッチャーに使うやつだからいいです」

こんな感じですかねw

店員さんに必ず、

「1年保証がつかないですけど?」

と言われるので、

「はい大丈夫です」

と返してください。

保証を受けるときは、

お店のレシートを使うので、

例外もあると思いますが、

ほぼそれで通ると思います。

(でも自己責任でお願いしますね。)

最初はその一言を言うのに、

時間がかかってハンコを押す直前に

とめさせたことがあるのですが、

慣れてきたら、

店員さんが箱に変な触れ方を

している瞬間にそれが

言えるようになります。

あと、半額とか30%オフのシールを

無慈悲に破って箱に傷つける店員さんにも

「自分でやるからいいですよ」

と言えばやめてもらえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL