店舗での立ち回り

前回の講座では、

どのお店を回ればよいのかを

書きましたが、

今回は店舗内での立ち回りに

ついて説明します。

まず、初心者でひっかかりがち

なのが10分程度滞在して、

「商品が見つかりません」

という状態です。

それは、ある意味当たり前です。

店舗に入って、

1回目の検索で

商品を発見できることもありますが、

最初の1品を見つけるのに

30分かかることだってあります。

家電量販店を例に挙げて言うと、
これらのコーナーを回って、
明らかに安売りしている商品を
中心に探していきます。

・デジカメ
・シェーバー
・ドライヤー
・電動歯ブラシ
・プリンター など

逆にエアコンや冷蔵庫のコーナーは
あまり行くことはありません。

お店によって、在庫処分品などの

安値で売っている商品は

値札の色や大きさが違うはずです。

店舗によっては、

激安商品だけ値札が

手書きだったりします。

こういった

特殊な値札が貼られた

処分品や、棚の目立たない所にある

ホコリを被った商品などが

プレ値がついたりして

よく仕入れられたりします。

ホームセンターだと

以下のように探しています。

・家電
・CD・DVD
・健康機器
・キッチン用品
・カー用品

カー用品は、単価が高いですが

ネットではバカ売れでも

田舎では誰も買わないような商品が

捨て値で売られていたりします。

これはホームセンターの

家電や健康機器などでも

あてはまるのかもしれないですね。

ゲームのせどりは、

新品を主に行っていますが、

50%オフやセール品などを

主に検索しています。

薄利ではありますが、

ゲームの本体などは

新品・中古どちらも利益が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL