やるべき仕事にだけ集中する

こんにちは、ひさびさの更新です。

先日、某高額セミナーに参加するために

東京に行ってきました。

具体的なサイト名や手法などを教えてもらってとても参考になりましたね。

一般のせどらー視点からすると、考え方が何歩も先を行ってて、

「そんな手があったのか!!」と何度も思いました。

 

あと考え方や行動の規模が明らかに

スケールが大きすぎてついていけない話もありましたがw

 

今日のお話はやるべき仕事とやるべきでない仕事についてです。

せどりだけではなく自営業や人を使うようになる立場になると重要な考え方です。

仕事で一番大事なのは自分だけしかできない仕事です。

なるべくそれを中心に出来るような時間配分が大事になってきます。

 

せどりも最初の内は色んな仕事を全部自分でやります。

・店舗に移動・仕入れ

・電脳のリサーチ

・出品作業

・発送作業

 

売上が順調に伸びてくると、

・税務関連の資料を作成する

・情報発信のサイトを構築する

・塾などに入って新しい事に挑戦する

というような付随作業が入ってきます。

 

売上がある程度まで行くと、

そこで何もできなくなってしまいます。

 

時間が無いからです。

 

そこで一度立ち止まってみて、

自分の時給っていくらくらいなのかを

考えて頂きたいのです。

 

・店舗に行った1時間

・電脳でリサーチした1時間

・出品で費やした1時間

 

それらは一体時給換算でどれくらいなのか。

 

何千円以上にはなるはずです。

 

そんな状況の時に例えば、

・全店舗回って買い占めるのに半日

・出品作業で○時間

・ブログのトップ画像作るのに○時間

・副業で使う名刺を作るのに○時間

・毎月税務処理するのに○○時間

 

というような作業が発生した場合、

仕入れに使えなかっただけでどれだけのお金をなくしているか。

今度は安いお金で貴重な時間を買うという作業を視野に入れていく必要がでてきます。

 

例えば私の場合だと、

・画像処理関連(ブログや名刺)は外注

・税理士と雇う

・出荷作業を家族に手伝ってもらう

・FBA発送代行と契約する

というような事をしてきました。

 

あるせどりの先輩方は出品作業はもちろん、

商品の仕入れも外注にして成功していると聞きました。

 

「自分が全部できるようにならなくてもいい。」

という事です。

 

自分が仕事を抱え込まなくても、

その道のプロがいるなら任せていきましょう。

人を雇える立場なら、できる人を探しましょう。

 

おそらく、自分で作業する時間単価を計算したら

圧倒的にそっちの方が安かったりします。

 

全部の作業を一人で抱え込んで、

中途半端に全部に労力をつぎ込んでいくと

モチベーションが下がって破綻します。

お金を出してやってくれるっていう人がいたら、

どんどん活用していきましょうというのが今日の結論です。

プロに任せたほうが成果物の質も高いので、

それで出来た時間を最大限に使って、

仕入れをするなり勉強して新しい事に挑戦したり

していってどんどん実績を上げていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL