輸入その後 と 最近の状況

あ、例のインド人の輸入は無事にうまくいきました。

(届くまで色々と動き回ったのですがw)

アマゾンに出したら驚くほど高回転で買われていったので、

これはとても当たりな取引でした。

 

そもそも高回転な商品を10個以上買ったことがなかったので、

ロングテールで高利益を待つという今までのスタイルが

ガラっと変わりそうな気がします。

 

あの軽い感じで

「全部売レタラ連絡マッテルヨ!」

と言われたので今後も継続して仕入れができそうです。

昨日も電話が来たのですが、例のインド訛りで

半分くらい言ってることが理解できなかったので、

自分の英語に対する自信が揺らいだりしますがw

 

店舗せどりを辞めて

電脳に完璧に移行したのが、

去年の暮れからで、

最近またこういった

独自の仕入れルートを開拓したり、

欧米輸入の勉強もしているので

数ヶ月前と比べても仕入れる方法や

額が違ってきています。

 

負荷を徐々に増やしているのですが、

電脳の勉強していたころの数倍くらい

時間をかけて日々学びながら、

同時進行でせどりの転売も続けています。

 

大昔に受験勉強していた頃を思い出しました。

100という目標に近づけるために、

毎日0.1ずつ精度を上げていく。

やり方が失敗してるのに気づいたら、

1下げた場所からまた100を目指していく。

時間をかければかけるほど上達もしますが、

プレッシャーもその分膨らんでいきます。

 

単純に店舗せどりを続けていたり、

電脳をやっているだけでも

実績はある程度出せたでしょう。

なぜここまでして色々学んでいるかというと、

色々と理由はあるのですが、

「考える部分の仕事を最大限まで増やして利益を上げたい」

というのが根底にあります。

 

せどらーのみなさんはもちろん

せどりが好きだとは思いますが、

具体的にどの部分が好きですか?

 

ほとんど同じ答えが返ってくると思いますが、

「リサーチして買うまで」

が大半を占めるのではないかと思います。

「店舗までの移動時間」

「梱包作業」

「ラベル貼り」

「価格改定」

「帳簿の記帳」

が好きな変態的なせどらーは皆無でしょう。

リサーチや仕入れは作業の中で

一番楽しくて利益に直結する部分ですから

これに専念していって、

他の付随業務については、

限りなく0に減らしていく。

最終的には純粋な肉体労働的な部分

(出荷や検品や梱包やラベル貼りや集荷対応w)

を無くしたいと思っています。

 

1年近く迷っていた

作業の効率化・委託については

そろそろ答えが出つつあります。

 

去年の年末商戦は月商150万程度だったので、

今年はそれより上にいかないとなと思いつつ

今から準備を進めていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL