中古商品の落とし穴

中古の家電やIT機器は、

利益率が結構いいので、

よく仕入れるのですが、

最近少しドツボにはまってしまいました。

 

電脳で中古の商品をガンガン仕入れていたのですが、

山積みになった箱を開けて出品しているうちに、

気づいたのです。

 

というより、中古の比率を上げるまで

あまり気づかなかった私も浅はかでした、、。

 

1.出品が面倒

物によっては外箱を作ってあげないといけなかったり、

付属品や動作確認の検品を行ったり、

写真撮影をうまく行わないといけなかったり、

新品出品の何倍も時間がとられたりします。

 

2.クレームが多い

検品を行って出品しても、

やはり新品に比べると

不良品の返品率が高めです。

検品の時間配分を増やせばよいのですが、

それでも壊れる物は壊れてしまいます。

購入者の立場からだと、

最初から壊れた不良品を売られたと

思う方も多いのでフォローが大変だったりします。

 

3.不良品が届くことがある

たまに、悪質な業者に

不良品をつかまされたりします。

アマゾン慣れしている我々からでは想像がつきませんが、

個人売買や他サイトの返品はかなり大変です。

ヤフオクの「ノークレームノーリターン」の呪文を

他のサイトで連呼している業者もいたりします。

 

上のようなデメリットがあるにしろ、

やはり中古商品のせどりは面白いです。

特に個人売買の一般の人たちは、

不用品処分のつもりで出していて、

捨て値だからです。

 

最近も倒産品の新品にちかい美品を仕入れました↓

http://mnrate.com/item/aid/B000G6BQ3I

 

数か月で閉店したお店からの出品だそうで、

検品をしてみると、展示品に近い状態でした。

 

8000円くらいの商品が19800円になって、

旅立っていきました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL