Amazonの乱発タイムセールに惑わされないようにする【回避編】

昨日の記事の続きです。

乱発するAmazonタイムセールの商品を

買った場合は、

値下げ合戦には極力参加せずに、

「相場がある程度戻るまで待つ」

のが大事だとお伝えしました。

 

今回は、そういったセール商品を見極めていく方法

をお伝えしていきます。

 

まず、ある商品のモノレートのグラフを見てみましょう。

「出品者の増加傾向」は、

「価格の値下がり傾向」と、

どこかの店舗が大量にセールをした時と同じです。

特徴的なのが、モノレートユーザー数の折れです。

短期間に4つ検索数が増大しています。

 

ネットショップが小出しにセールをしたり、

今回のようにアマゾンが乱発セールをやった時に、

こういった特徴が出てくることが多いです。

モノレートのグラフを見ると、

「どっかのネットショップが小出しにセールをしている」

くらいの予想しかできません。

このユーザー数を参考に、

今後仕入れるの控えるかどうするか、

1つの指標にすることができます。

 

もっと直感的にAmazonタイムセールの情報を

見ることができるツールがあります。

それが、ChromeのKeepaという拡張機能です。

このプラグインをインストールすると、

Amzonで商品検索をしている時に、

商品ページの真ん中あたりにグラフが表示されます

黄色くハイライトした、

赤の「○-○」の部分を見ると、

タイムセールの実施日と価格が分かります。

モノレートの折れとうまく符号していますよねw

この商品は直近1ヶ月に4回タイムセールをしていますが、

ひどいものになると、倍の8回の履歴が残ってたりします。

新品の価格推移や、

出品者数もパッと見て分かる、

アマゾンのタイムセールには必須の拡張機能です。

この機会にKeepaをインストールして、

タイムセールの商品が仕入れすべきかどうか、

慎重に見極めていってください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL