2017年4月15日【土】 沖縄でAmazon輸入 勉強会があるよ

私も欧米輸入をしているのですが、地方で輸入をやるメリットを挙げておきます。

 

・仕入れ対象商品が大量にある

・海外からだと送料が東京でも沖縄でも同じ

・代行業者を使えばリサーチと仕入れだけに専念できる

 

商品も売れる数を予想して、複数購入したりできるので、

資金があればあるほど効率よく物販ができました。

 

せどりと違い、輸入は価格の上下が特徴的で

うまく相場の差を見つけることで利益の高い商品を

確保することができます。

 

今年も沖縄でランドクリエイトさんのAmazon輸入 勉強会があります。

私も去年参加して輸入を2ヶ月ほど勉強させてもらい、

輸入にチャレンジしてみました。

 

欧米輸入の方法

実践した事としては、

1 商品リサーチ(1日あたり30~50商品)を2ヶ月行う

2 ツールに登録して送料を含めた価格差を表示する

3 カード締め日の翌日に一気に仕入れる

という流れになります。

カード締め日の翌日に輸入仕入れを行うのは、

購入してから納品まで2週間ほどかかるので、

カードの支払いになるべく猶予を持たせるためです。

 

商品リサーチも手動で行っていましたが、

慣れてくるとリサーチツールを導入したり、

外注さんを雇ったりして効率化できます。

 

仕入れた商品をアメリカ国内の

発送代行業者に送って、

それから国内の納品代行から

FBAに発送するという感じで完結します。

 

輸入に向いている方

1 月に50万以上仕入れに使える方

2 納品を外注化して効率よく物販をしたい方

3 パソコンでリサーチするのが苦にならない方

条件の3は電脳せどりのリサーチが問題ない方であれば、

問題ありません。逆に、その時に使ったリサーチ方法や

拡張機能などがほぼ同じなので学習しやすいです。

 

今回のセミナーの目玉

今年も沖縄在住のアマゾン輸入と言えばこの人、

いずみ大先生が講師を務められます。

実績を見て驚きますが、

地方でも月商500万という売上を出されています。

 

初対面でも話しやすくて面白い方で

色んな情報を包み隠さずに教えてくれます。

沖縄で、せどり以外の仕入れルートを確保したい方、

新規で物販をやってみたい方はいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL